投資コラム 下げは予行練習 

こんにちは~。

毎回、突発的な下げの時に、おんなじことを書いている気が致しますが、
それでも繰り返し書かなければなりません。

何故なら人は忘れゆくものだからです。

そして、私自身も、こんな投資顧問があったらいいなと思いが、会社を立ち上げた事。
だから忘れてはなるものかという思いで、また、おんなじコラムを書きたいと思います。


投資のポイントの一つは、過去を振り返る事です。
過去、自分がどんなメンタルで、どんなトレードをしたのか、を振り返ることで
復習になり、その復習は、スポーツや勉学で言うところの復習やレッスンに準ずるものがあります。

どんな熟練者でも、過去の自分のミスした点を復習する事は欠かせません。
必ず、自分のビデオで振り返ります。



投資家において欠かしている事が、この投資において、ミスした点を復習、振り返る、事です。


今回のような下げは近夏、長らく揉み合った経緯から

どうせ、戻るんだろう。
どうせ、業績期待が支えるんだろう
どうせ、日銀が支えるだろう


という気持ちがつい先行しがちです。
そりゃ、そうです。

しかし、人間は忘れゆくもの。

リーマンショックもバリパショックもチャイナショックも、原油安ショックも

どんな下げでも、

最初の下げの初動はみんな

どうせ、戻るんだろう。
どうせ、業績期待が支えるんだろう
どうせ、日銀が支えるだろう



先ほど書いた、こんな、楽観的な考えが、

「下げを加速した事」

これを忘れてはなりません。

小学校では最初に教えることは、

右手を挙げて、横断歩道を渡る事です。
そして、右、左を見て、もう一回右を見て、車がいない事を確認して
「油断」せず横断歩道を渡る事。


投資の天敵はこの「油断」にあると私はおもうのです。


私は例え、戻るような下げでも、
大きな下げに繋がる可能性をいつも、考えてアドバイスしています。
今回も同様です。いつも相場が上がった局面で、下げに備えております。



確かに10回に8回、もしかたら9回は、結果的にヘッジしなくても、
返済しなくても、ロスカットしなくても良い下げのケースが多いです。

つまり、マーケットの押し目になったcaseが殆どだと思います。

しかし、10回に1回は、自分の想像を超える下げのケースで
8~9回分のロスカットやヘッジのコストを超える損失を生み出します。

この油断の1回が、投資のパフォーマンスを転落させます。

そして、10回中9回が、ヘッジ損、損切り、コスト、が目についてしまうと

どうしても、今日の下げはまた、戻るんだろうしロスカットもヘッジもしなくてもいいや。

という油断をしがちです。

人間は忘れ行くものですが、この、妙な成功体験だけは続いてしまいがちなので、
覚えてしまうんです。

これこそが、ガン。



例えるならば、天災。
いや例えが不謹慎かもしれませんが、天災について例えてみます。


天災の訓練。
火事、地震の予行練習って小学校で、必ずやります。
あの、机の下に隠れたり、全体で、校庭に出る予行練習です。
避難訓練と呼ばれます。


いちいち面倒くさいなぁと当時私は思っていました。

結果的に私の地元では台風による水害が起きてしまい、川が氾濫し、
私の家は避難区域になり、大きなニュースになりました。
事前に避難訓練をしていましたので、一緒に暮らしていた祖母と一緒に
町の体育館に非難し、被害を免れました。



実際に予行練習をしているのと、していないのでは、実際に天災に遭遇した場合は
その、予行練習が、とても大事になってきます。


地震でもそうです。
備えあれば患いなし。
というのは、投資に対しても同じことが言えます。


常にサブシナリオを考えて行動する事。



この予行練習は投資でも同じです。
もし、大きな下げにならなくても、下げに対して常に予行練習を行う事によって、
本当にヤバイショック安の時にダメージを受けることは比較的軽微になります。

騰がったらワハハよかたなと笑えるようになりましょう。
騰がる相場はどなたでも儲かります。

しかし、下がる相場は9割が負けていきます。



そして、そのために、我々投資顧問という認可を受けたプロがいます。

良い銘柄を教えて、いいタイミングでアドバイスするような利益を出すだけが
私達の仕事ではありません。

我々の本当の仕事は皆様の資産を守り、何度も繰り返し予行練習をけん引するのがもう一つの仕事です。

ですから、私の会社、暁投資顧問では、敏感に下げに対して予行練習を行っております。
それはヘッジであり、ロスカットに形を変えて、皆様のお手元に届けています。

そして、
生徒様に暁投資顧問はまた、ロスカットかーと思われるくらいがいいです。
口うるさいなぁと思われるくらいがちょうどいいです。


私は投資歴は人生の半分に達しますが、
学生時代の頃を振り返ると、おもうのです。嫌な教官こそ、
口うるさい父親や母親、先生こそ、人生の模範であったと。




今回の下げが、結果的に押し目になったとしても、
もし、ご不安なものがあれば、まずは止血をする事。

そして、ゆっくり考える時間を持つ事です。



マーケットについては、ゆっくり、夕方には書いていきますー。
日経平均の日足と週足は形が崩れちゃっていますが、
打診買いのポイントも実は近づいています。



それでも週末を買いっぱなしで持ち越すのは
危険なので、来週ゆっくり考える「時間」を持ちましょう。







投資コラム IVとは? 



久しぶりに投資コラムを。

オプションの中で、重要な要素とされるIV。

読み方はアイブィーと読みますが、正式名称はインプライドボラティリティ。

画像でいうとこの部分。

0713.jpg

IVと書いていますね。

IVは実際に市場で取引されているオプション価格(プレミアム)から計算されるボラティリティの事で


オプション価格を決定する要素の一つです。
オプション価格は

1 原資産の価格
2 権利行使価格
3 満期までの時間
4 ボラティリティ



で形成されます。


そして
ボラティリティが高いとオプションのプレミアムが高くなり
ボラティリティが低いとオプションのプレミアムが低くなります。

つまりIVが低い。という事はそれだけオプションのプレミアムが低いと言ってることと同義であります。


IV自体の存在意思として、原資産価格(日経225先物)が今後どれくらい
大きく(小さく)変動しそうなのかを表しているとも言えます。

オプションに参加している投資家が原資産価格(日経225先物)が大きくブレそうだ。
と思っているときはオプションのプレミアムが高くなり、IVも高くなります。


オプションに参加している投資家が原資産価格(日経225先物)が全然小動きだ。
と思っているときはオプションのプレミアムが低くなり、IVも低くなります。


そしてIVはコール側、プット側に存在し、
現在コール側のivが9ポイントに位置しているという超低水準

0713.jpg


そうです。ピンと来た方いらっしゃると思います。

コールのIVが低下しているという事は、それだけ上昇を予想していないトレーダーが多いという事です。

そして、マーケットは大体トレーダーの逆へ動きます。
つまり、上昇、急騰を予想していないトレーダーが最大になればIVは2桁を割り込みます。
そして、ほぼその予想は外れます。

IVは常に行ったり来たりのトレンドを描くからです。
今はその行ったり来たりの下値水準。



オプションのIVが高い水準にある時はボラティリティが今後低下するので、オプションの売りが非常に有効です。
(いずれ、ボラティリティIVが低下するので)
そして今オプションのIVが低い水準にあるときはボラティリティが今後上昇するので、オプションの買いが非常に有効です。
(いずれ、ボラティリティIVが上昇するので)


大体の大枠のレンジは

IVが10%に近づけば近づくほど今後ボラティリティが拡大傾向にあり、オプションの売りは禁物。
IVが20%に近づけば近づくほど今後ボラティリティが低下傾向にあり、オプション売りのポイント。


となります。


そして、IVはオプションの価格(プレミアム)と直接関係しているので

IVが高い割高なオプションを買いは控えるべきですし
今日のようにIVが極端に低下している割安なオプションを売るべきではないということを頭の中に
いれましょう。


そして、三度目の登場のこの画像。

0713.jpg

IVが低下しているのが、
20375から20875円の権利行使価格。

一方違う権利行使価格は2桁を割り込んでおりません。

プロ向けの解説をするならばこのIVの不均衡(各権利行使価格でIVが異なる)
を利用したIVトレードもアドバイスしたりしています。

例えばこの低下しているIVの権利行使価格を買い、
高いIVの権利行使価格を売るというポジションだったりです。

今でいうと20000円処の権利行使価格は10.91でIV的には売り。
20500円処の権利行使価格は9.71でIV的には買い。

これを利用すると、20000円コールを売り、20500円を買うという合成ポジションも可能。

20500円の権利行使価格プレミアムは70円です。
20000円の権利行使価格プレミアムは295円です。

70円の権利行使価格を4枚買って、20000円の権利行使価格を1枚売っても、

恐らく急騰時には儲かるトレードになると思います。


あくまで、急騰しないモデルで損益グラフを見ると
soneki.jpg

このように500円騰がるだけで、50万円。




投資コラム ほったらかしトレード 

暁投資顧問の手法と情報、見解毎日無料で解説中!


株・先物・オプション・銘柄情報までブログでしか書けない情報を提供中

ブログでは書けない事をお伝えします!!
無料情報多数そろえております。

メールアドレス
(必須)
















プライバシーポリシーはこちらから。



メールのお問い合わせはクリック!メールフォームが開きます!

お電話でもOk!◆
メールでもOk!
LINEでもOk!
メルマガとLINEの登録も是非お願い致します。
メルマガはブログの上部からアドレス登録するだけでOk.。

LINEはLINEの下記のバナーをクリックで。
無料で投資情報などをお送りしております。

銘柄も、チャートも出しますよ~。
main03.png

投資について知りたいことはLINEの友達登録で、すぐにレスポンス致します。
メルマガはブログ一番上のフォームから登録して下さいな。

メルマガとLINE登録忘れずに(^▽^)/


◆◇暁投資顧問の公式HPです。◆◇
http://www.akatsuki-toushi.com/
◆◇暁投資顧問のお客様の声、まとめてみました。◆◇
http://www.akatsuki-toushi.com/news/voice-all/


弊社の本ブログで運営中のOP100コースが行っている、

ほったからしトレードの利点。


以下がポジション。
建てた玉です。
先物でいうと、買いポジション、売りポジションありますが、
そのことです。

0529uriagari.jpg
0529mailgomi.jpg


多分最初はなんのこっちゃ分からないと思いますが、、私と経験を一緒に積めば
ああ、こんな簡単な事なんだ。と分かると思います。

ざっくり言いますと・・・・


あと1週間以内に日経平均が18500円に達しない限り、
20500円を越えない限り、余裕で+30万円の利益となります。(厳密にいうと今でも大幅利益中ですが)

30万円、毎月稼ぐのは難しいですよね。
30代の平均給与くらいです。



・相場を見なくてもいい
・チャートも見なくてもいい
・予想もしなくてもいい
・他の投資に集中できる
・1ヶ月保有するだけで、ジワジワと利益が広がっていく様を体験できる
・オプションが初めてでも、しっかりとオプションのコツが学べる
・知識と利益が同時に手に入れるかもしれません
・途中からの参戦も可能(毎月7-8回案内しています)
・参加者に初めての方が多い
・日経平均が暴れても問題無し(ロスカット設定アリ)
・オプションの理解が深まる



以上が考えられるメリットとなります。

また、デメリットも他の投資と同じくあります。この点だけは注意。
リスクが一切無い投資なんて投資ではありません。

だから、私は無リスクでお金儲かる!

なんてことは口が滑ってもいうつもりはありません。


しかし、他の投資と比べていちいち予想をしなくてもいいし、
ワクワク、ドキドキもしなくてもいい。

時間が味方になるのがこのオプショントレードの肝。

こちらの権利行使価格のチャートをご覧下さい。
ずっと

線で囲っているのが今月の値動きです。
21000円コールという投資商品のチャートになります。
これは21000円に達して初めて利益になるのがこの投資商品。
これを私たちは売り、株でいうと空売りを行っております。
40円からずっと毎日1円ずつ、2円ずつ下がっております。


この権利行使価格を売り推奨し始めたのが、5/15日。
21000円に到達しない限りは丸々売ったプレミアム分が利益となります。




例えば株でいうと、***円まで上昇して初めて利益。

となりますし、50円で買ったものは51円にならないと利益にはなりません。

例えば先物でいうと、***円まで上昇して初めて利益。

となりますし、20000円で買ったものは20010円にならない限り利益にはなりません。



オプション初級者向けトレードで日夜アドバイスしている取引内容は

***円まで上昇しなくても利益、****円まで下落しなくても
利益、という新しい考え方。

前述した21000円コールなどは21000円まで日経平均が1ヶ月の内につけない限り
(むしろつけても、利益になる事があります。)
利益となります。しかもそれが、日々、利益が蓄積されます(これがタイムディケイと呼ばれる時間的な味方)

それが、毎月最高8回程度案内しております。
5回で済む場合もありますが、今月は、保ち合いを予想しましたので、
8度のアドバイスでかなりの収益を生むことが可能になりました。

このようにアドバイザーの裁量もショートストラングルでは大事です。

先週の動画でお伝えした、19875-19375円のショートストラングルも
一躍有名になりましたね。これも、暁投資顧問流です。
これは上級者向けですが、まずはこの初級者向けトレードでステップアップ。





株では出来ない事、FXでも出来ない事、225先物でも出来ない事が
オプションでは出来ます。
ほったからしにして、FXは儲かりません。
国家的なファンダメンタル、テクニカル分析も行って初めて、収益を生みます。

株も、ファンダメンタル、テクニカル分析を行って初めて、収益が生まれます。


しかし!

オプションでは、「だいたい」の相場観だけで、利益が生まれます。
そして、OP100コースではそのだいたいの相場観も不要。
ただ15時50分のアドバイスに従うだけ。





この手法、このトレードを自身の武器にする事で、全く新しい投資の価値観に
変身できるかと思います。

どんな会員様でも、1年間会員様になれば、この技術、このタイミング、この手法、恐らく私は身につくのではないか?

と思ってお伝えしております。



実は、昔このショートストラングルは流行りました。
有名どころでいうとひまわり証券が有名ですね。


私的にズルズル下げているのにもかかわらず
ロスカットを設定しないから、負けるのであって、(どんな投資でもロスカットは必須)


私は改良を重ねてロスカットを設定し、
タイミングも相場のポイントポイントで配信しています。

つまり、上値がそろそろだ。

と思うときには勿論コールのオプションを配信します。
例えば
5月相場、現在20000円の重さが意識されていますが、指を咥えているだけじゃあ
勿体ないです。まず、重たい部分になっている権利行使価格を売ればいいだけ。
達したら、ロスカットすればいい。至極単純な事です。
実際に重たいんですから。
あとは時間が解決してくれます。



下値はそろそろ固い。と思った時にはプットオプションを売ればいいだけ。
勿論ヘッジ付きが利口だと思います。

そしてロスカットも設定したら、もう、私のトレードそのもの。



そして、プットがお嫌いな方、プットを買うものだという方へはコールだけ売る戦略も提供。

以下が、コールをこれでもかというくらい、売った今月限の売りあがり。

実際にどうなっていますでしょうか?
0529uriagari.jpg

日経平均の上値の重さが露呈し、もう19500円です。
当時売ったオプション価格は20円くらいでしたから、現在は5円ほど。
もう+15000円の利益です。20500円の権利行使価格でさえも。




これが、今、大人気、ほったからしトレードの利点。


本ブログであるオプション100コースでは、このほったからしトレードも
今年、めちゃめちゃ力を入れています。
カバード戦略だけじゃない、このほったからしトレード。

コンセプトはずばり、

「ほったからしで、資産形成」!



まずはこのほったからしトレードを味わう事で、その利点を実際に享受できると思います。

一度知ってしまえば、もう戻れない楽チン投資。


会員募集はあと2日で終わり。5/31日終了。



投資コラム そろそろ有事が起きそうだ? 

アメリカは北朝鮮に対して場合によっては軍事行動を起こすつもりだ。
北朝鮮を叩くことでアメリカは国防費増大の理由が出来る。
東アジア地域への影響力を強化出来る。
アメリカ株が強く日本株が弱いのは「近くの戦争は売り、遠くの戦争は買い」だから。

それは、米中首脳会談での最大のテーマ。
そして北朝鮮もいつ動くか分からない情勢であることは間違いない。

現在韓国で親北政権が誕生しそうである。

有事が起きた時に、日本人をどう避難させるか、大使不在ではすまない。
だから、今週駐韓大使を帰任させた。と推測している。

いまや大使の最大の仕事は日韓関係でもなく、観光でもなく、日本人の安全対策なのだ。
おそらく官邸には、私たちが知らない恐ろしい情報が集まっている。
大使帰任は政府の苦渋の選択だと思う。


少なくともいま韓国に旅行など絶対にいけない。
それくらいの緊張感があるとみている。
日本は在韓日本人の引き上げと、国内治安の強化、難民が来ないように万全の措置をとるべきとの論調もネットにはある。

その論調の根拠とった菅官房長官のコメントが弊社でも確認できた。

それが、
「邦人保護に全力を尽くす」というコメント。
これは有事がもう間もなく起きそうだ。と言ってるようなもの。

これが、何故かマスコミではカットされているではないか。

戦争が勃発しても自衛隊が救援に行くことは韓国側は到底認めれない。

これが今の日韓の悪い関係性だ。

チャートが悪化している日経平均。大型株は買われ、防衛関連、戦争関連は買われている今、
リスクアセットを売るのは弊社としては構わない。と思っている。


仮に米国が先制奇襲攻撃に出た場合、北朝鮮は確実に反撃を行う事でしょう。
そうなると結果は円高。経済や交通、物流のマヒが起きれば円高株安になるのは言うまでもない。




投資コラム 225先物とオプション 

暁投資顧問の手法と情報、見解毎日無料で解説中!


株・先物・オプション・銘柄情報までブログでしか書けない情報を提供中

ブログでは書けない事をお伝えします!!
無料情報多数そろえております。

メールアドレス
(必須)
















プライバシーポリシーはこちらから。



メールのお問い合わせはクリック!メールフォームが開きます!

お電話でもOk!◆
メールでもOk!
LINEでもOk!
メルマガとLINEの登録も是非お願い致します。
メルマガはブログの上部からアドレス登録するだけでOk.。

LINEはLINEの下記のバナーをクリックで。
無料で投資情報などをお送りしております。

銘柄も、チャートも出しますよ~。
main03.png

投資について知りたいことはLINEの友達登録で、すぐにレスポンス致します。
メルマガはブログ一番上のフォームから登録して下さいな。

メルマガとLINE登録忘れずに(^▽^)/



昨日から、無料で二日続けて、LINEで株式情報をお送りいたしました~。
全て、デイトレコース本田が選定した銘柄です。
Yahoo!投資の達人。

昨日の
第一弾は 3557 U&C ストップ高前まで 上昇!
今日の
第二弾は 2160 GNI 528円→616円という暴騰。+20%近く。

つまり、売買すれば無料で資産が増えたという事です。


暁投資顧問の公式LINEアカウントではこのように無料で投資の達人が選んだ
朝の爆騰銘柄、お送りしております。
ぜひ、ご登録を★


トランプ大統領の演説が今、まさに始まっていますが、昨日の動画セミナーで
大反響を頂きましたので、また、説明させて頂きたいと思います。

乱高下するので、あまりオプションも先物も予想は出来ず。
賭場には観客席が一番面白いです。
ぜひ皆様も他人事のように見ておきましょう。
(そういうスタンスでいて下さいという事です)


画像は225先物。
昨日のセミナーでテクニカルトレードにオプション売りを合成すればするほど
勝率は高くなる。とお話致しました。
単純に中級者が行っているテクニカル分析を中心とした先物の売買に
私のエッセンスを付け加えるだけ。
全てのポジションにオプション売りを混ぜるだけ。
kinouno.jpg


左から〇印をつけています。
30分足という長い時間軸で、効率よくトレンドと売買回数のバランスを掛けています。

まず、最初の〇は19290円売りだと思います。
1/24日です。
皆様もご自身で30分足を見て一目均衡表のデフォルト設定を行ってみて下さい。
ここで
新しく売り。
225先物は5枚位でいいかと思います。
PUTは何故この権利行使価格を選ぶのかは秘密ですが、18500円PUT。

19290円から、1日間をかけて、18890円を付けました。
その後225先物は横ばいになるのですが、チャート下部のMACDをご覧ください。
横這いになったタイミングでゴールデンクロスは行っています。
これも売買指針に役に立っています(今の処ワークしているという事です)

さて、18500円のPUT売りですが、30分足を見ましょう。

koko.jpg

18500円プットは50円という価格でした。

50円から90円に上昇していますが、実際のポジションはこんな感じです。


225先物mini 19290円売り
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これが、
225先物mini 18990円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚90円
となるので、

19290円売りはMINI5枚なので、19290-18990=300円*0.5=+15万円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚40円-90円=-5万円


一番の安値で、+10万円の評価損益になっています。
先物の方向性が当たってもputを売っていてもカバードプットの形式にしていても
ご覧の通り、損が膨らむこともなく、そして、利益が生まれます。
これが、先物とオプションの合成ポジションの凄い所。


あくまで、一番の安値なので、実際は、

「先物をどこで手じまえばいいのか?」

という問題が生じます。


一目均衡表だけを使いますと、
左から2番目の〇です。
もう一度この画像を出しますので、見て下さい。
十字足が二つ並んでいる処ですね。
一目均衡表の下抜けから上抜けになったタイミングが一目均衡表だけを使った
テクニカルトレードなので、そうなります。

※私のトレードでは複数のテクニカルを使います。

kinouno.jpg

左から二番目の日付は、安値18890円から騰がって、19200円の処。
1/28日の朝ですね。

そして、もう一度putオプションのチャートを出します。
1/28日の朝の時点での18500円プットオプションのチャートは

先ほど載せたプットオプションのチャートはここです。
〇ではなく、□で囲っている部分です。

koko2.jpg

これが、40円です。
つまり、売った価格よりも低い値段ですね。

225先物mini 19290円売り
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円

これがポジションなので。


一目均衡表だけを使うトレードだと以下のようなトレードになっています。

225先物mini5枚 19290円売り→19200円 +45000円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円 +10000円

合計で+55000円


ただ、先物だけをトレードするよりも負けにくいトレードになり
方向性が当たっても、外れても、損益に厚みが増します。

この厚みとは、評価損益でもあり、安心感でもあり、勝率でもあり、様々な要素が
パワーアップすると思って下さい。


次は負けたトレードをご紹介いたしましょう。

もう一度一目均衡表だけを使い、雲の下抜けを狙った売りを行ったシュミレーションです。


kinouno.jpg

また同じ画像です。

○印は、左から二番目。
2/28日。つまり昨日の21時に一目均衡表の雲下抜けが行われました。

前例に倣ってポジションを構築してみましょう。
このタイミングでの一目均衡表の雲下抜けは中級者も、これは売りだ。というサインです。
オプションはまたしても、P18500円売りを使います。
昨日の21時の時点での18500円putオプションは65円でした。

よって、

225先物mini5枚 19110円売り
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円

と構築出来ます。


しかし、翌朝、すぐに転機が訪れます。

kinouno.jpg

今日の寄り付き時点で、一目均衡表の雲上抜けが行われたからです。

これはつまり、ロスカットとなります。


画像でいうと、一番右の〇。

ポジションを振り返りましょう。


225先物mini5枚 19110円売り
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円

です。これをロスカットにしなければなりません。
ロスカットをしなければ、利益は生まれません。
ロスカットこそ、利益の源泉です。


今朝、9時のプットオプション18500のプレミアムは46円でした。

つまり、

225先物mini5枚 19110円売り→19220円 -50000円
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円→46円 +19000円

これが売買履歴となるでしょう。

損益は マイナスですが、-31000円となりました。


先物単体でトレードを行うよりも20%以上、損を「圧縮出来ています」


如何でしょうか?

これを大きな時間軸(日足)で、私のオリジナルテクニカル指標で、皆様に
御伝えし、今年負けがないのが、最近ずっと広告させて頂いている
カバードコール・カバードプットです。



そして、これを私は30分足で、かつ、コール及びプットで、やってみようと
思っております。

今週の土曜日の勉強会のテーマにもさせて頂きます。

無料配信を受けたい方は、是非ご連絡下さい。
(会員様のみ)