カバードコール 


弊社にはよく、225先物で損失を抱えた方から、ご相談のお問い合わせがきます。

本ブログのOP100コースが、先物、オプショントレードを主に助言しているので、
暁投資顧問=先物というイメージがあるのでしょう。

勿論大歓迎です。今日も明日もいつでも、ご相談お待ちしております。
是非会員様になって、高値掴み、安値売り、をなくしていきましょう。



しかし、皆様は先物をネイキッドで(裸で)保有していることが非常に多いですね。
デルタをかなり傾けたポジションのまま、ロスカットせず、高値で(安値で)ポジショングしている
ケースが多いです。

弊社は先物を売買される方には口を酸っぱくしている合成ポジションがあります。

それは

mini先物+コール売り

のカバードコールです。

先物にオプションのコール売りを合体させるカバードコールですが、
弊社が助言している売買シグナルにも取り入れております。
今年も素晴らしい利益となっています。負けがあまりないのがよくわかります。



弊社が提案しているこのポジションの特徴は、下げてもある程度の利益が生まれるという点です。

日経225先物mini10枚を19400円で購入し、19000円でロスカットすると-40万

ですが、

弊社が提案しているカバードコールにしておくと、
例) 19400円mini10枚+12月限19750円コール売り10枚@25円

日経225先物mini10枚を19400円で購入し、19000円でロスカットすると-40万
19000円時点での19750円の理論プレミアムは3円ですから
売っている25円のプレミアムから3円で決済するとします。
@25-@3=23円
23円×1000円=230000円(オプションは1円=1000円の計算です)

-40万円+23万円= -17万円

つまり、通常、皆様が単純に先物を買うよりも、23万円、損失分が補てんされます。

すごくロスカットを中心に考えているヘッジ方法だと言えます。

私は(弊社は)まず、指数のポジション(先物)を持つ場合、
利食いを考えるのではなく、ロスカットを中心に考えます。

どこで降りるか、どこで負けを認めるか、まずそこを考えております。

個人投資家さまは、まずロスカットを中心に考えることはしないでしょう。
どこで利食いするかを考えると思います。
19400円でポジショニングしたら、19800円まで戻るかな?と考えるかもしれません。

このロスカットを中心に考える手法がカバードコールの真骨頂だと思います。

しかし、残念ながら、デメリットも御座います。
kabako.jpg

上記は同カバードコールの期中損益図、満期損益図です。


仮に日経225先物が上がれば上がるほど、
(自分の相場観がドンピシャで当たった時)

カバードコールではコール売りの方が損失が膨らみます。

25円で売ったものが50円になると、

@25円×10=250円
250円=-250000円

-25万円の損失が膨らみます。


勿論その分225先物の値上がり益もありますから、
上昇すれば損失と確定するわけではないです。
むしろ、トントンくらいでしょう。

ですから

せっかくあがったのに、トントンかよー。


と思われることも返済のタイミング次第では多くあると思います。

損益分岐点やチャートなどを駆使し、
タイミングよく決済しなければいけません。



例えば上記カバードコールのポジション期中での損益分岐点は
19570円。
ここを超えるとせっかくのロングポジションがコール売りによって損失になります。
しかし、19300円でも利益です。



もっとも、損益表、損益分岐点は
簡単に割り出せますので問題はありません。



デメリットをお伝えしてから、カバードコールのメリットが最も受けられる機会も書いておきます。

それはコールオプションがSQで決済されることです。


現在の時価で、上記で例とした
例) 19400円mini10枚+12月限19750円コール売り10枚@25円

このポジションを組んだとします。

SQ19750円以下19400円以上であれば、

自動的に19750円のコール売り分、(250000円)は先物の値上がり益に
プラスされます。


現実的とは言えませんが、19750円でSQ値が算出されますと

19750-19400=+350
@25×10=+250

350+250=+600(+60万円)

の利益となります。

通常の先物のロングポジションであれば350円抜き、+35万円の利益となりますが
それにコールオプションの利益も加わります。


これでカバードコールの面白さがわかって戴けると思います。

このカバードコールの一番の仕掛け処は

こういったSQ週だと思います。

SQ週にコールオプションが値上がりするのはあまりなく、
上がったとしてもセータのパワーが大きく、デルタ的にも大したことがないケースがよくあります。



まず、先物の取引をする際は
・ヘッジをする。
・ロスカットを中心に考える

特にロングポジションではカバードコールの合成ポジションにすることを
来年度から、行ってみて下さい。


弊社ではカバードコールも随時お客様個人個人へ助言しております。

困った場合は弊社へご相談くださいね。



以上です。


『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)