相場状況 


夜間に書くのはお久しぶりです。


ナイトセッションは一転、上昇しています。

しかし、こういう時こそ、安心してプット売りを仕掛けるのはダメですし、
こんな時だからこそ、プット買いなどのヘッジはしておいてください。

個人投資家が損失を被るのはほとんど下落トレンドであり、
追証が発生するくらいの過大なロットであり、ロスカットを守れない時であります。


ここから相場が反転したとしても、いかなる戻りトレンドでも、
必要最小限のことを守ってみましょう。

・イベント時にはポジションを縮小する
・先物は原資産であり、相当レバレッジを利かせた商品です。ロスカットは必ず守りましょう
・追証が発生するのはロットのミス。ポジションのサイズを変更してください。

この三つだけでいいんです。
守るだけで、あなたの投資人生は長くなります。

本日もたくさん弊社へお問い合わせがきておりますが、
負けている報告(相談)の方も意外と多いです。

私の会員様でさえ、なかなかルールを守れないです。
私自身ももっともっと、口を酸っぱくして、暴落前にいっておけばよかったと反省しておりますが
今回の下落で、損失を抱えている投資顧問と契約していたら
そこは即解約したほうがいいです。

例えば19000円から上で買い助言をして、そのままにしているところ。
mini1枚程度の助言であればいいですが、あの場面でラージ1枚の買い助言を
しているところがあれば、センスがゼロといってもいいでしょう。
会員様の資産を守るという助言のエッセンスがありません。

即刻弊社へご入会下さい。

また、今日のネット証券の追証件数は私の予想よりも少なかったです。
チャイナショックの半分もいってなかったです。
明日明後日、日経平均株価下落すると、大底の追証だと思いますが
いまはナイトセッションで上昇しています。

何度もいいますが、ヘッジをし忘れている方、は今こそヘッジです。

ロング側でいうとFOMC前の最大のポジション縮小チャンスだと思います。
ショート側も明日はコール売りや先物売りは縮小して下さいね。


FOMCは私が体験したことがないイベントですよ。
どういうことかというと、米国の長い低金利からの利上げは1941年以来です。
巻き戻しか、リスクオフか、わかりませんし、予想するだけ無駄です。

何度も何度も書きますが、ショートもロングもポジション縮小を提案いたします。


このブログを読んでいる方、是非、ポジション縮小を選択してください。
その選択はあなたの投資人生に必ず益をもたらします。

17日の朝にはすべてがはっきりします。

上がっている今こそ、どうぞ、よろしくお願い致します。
結果上がってくれればOkです。ヘッジしなくてよかったと思う方は
今年の成績きっと悪いでしょう。
ヘッジしてよかったと思う方は来年、再来年必ず伸びますし、
私が成績を伸ばせて見せます。




ナイトセッション上がっている中で、ウズウズしている方もいらっしゃることでしょう。
ドイツがけん引していますね。
ドイツは下記のとおり、今年の勝ち組です。
(データは年初来騰落です)
独DAX  +5.41%
FTSE100 -9.29%
仏CAC40 +6.82%
韓国総合  +0.91%
日経平均  +6.39%
台湾加権  -13.26%
NYダウ  -2.55%

買っていいのはポイントがあります。

明日19000どころまで上がれば今だったね、となりますが結果論です。


買いのポイントは、OP100コースがすべて把握しています。
いまではないですから。


FOMCに備えて粛々と行動を。。








『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)