相場状況 


どうして介入が出来ないのか?
ざっくり言いましょうか、
今回の金融市場の混乱で主要国がドル資金緊急供給を行うのは必至です。
つまりドル売りですね。

もし為替介入するとすると「ドル売り」というグローバリズムに逆らうことになります。

日本が介入するということは・
「円売りドル買い」

国際基調は
「資金調達によるドル売り」

これはサミットで約束されたことかと思います。

単独介入を行うのは困難であろう。と思います。


英国のEU離脱決定で世界中のマーケットから215兆円の資産が吹き飛びましたが、

このツケは英国に必ず回ることでしょう。



『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)