秘密記事銘柄で参考になればいいですけど。 



もう秘密記事銘柄 秋号は全て公開になっていますけど、
クリークアンドリバー4763。伸びてきていますね。
CR.jpg


勿論まだまだ本銘柄は伸ばします~。

秘密記事銘柄を取り扱う時には殆ど、一括で決済をしません。

これが投資の教科書で、資金管理、ポジションサイジングと言われる取引方法です。




殆どの銘柄は小分けにして決済していきます。
そしてストップロス注文をつけて、損は小さく、利は伸ばしていく、

いわゆる、王道投資である損小利大を実現出来ております。

グロース株なので新興企業への投資が多いですから、値動きは10-20%なんてざらです。
そういった時に、騰がるだろうから、損切りはしない。や、下がるだろうから、全て決済。

なんてことは致しません。
ボラが高い銘柄こそ、こういったストップロス注文を意識した、注文方法を会得させていってます。
ブログを御覧の皆さまはおそらく、OP100流の決済方法をマスターしていらっしゃると思います。
皆様も、買うタイミングはいいんだけど、決済のタイミングがいつも失敗していまう。
そんな経験はありませんか?

私へ、お任せ下さい。



そしてね、騰がってる銘柄を買うのは悪い事ではありません。
グロース株投資の通る道ですし、安いとこを買うのは悪くはないですが、
少々投資の戦略が違います。

安いところを買うのはバリュー株投資です。
例えばトヨタ・例えばホンダ、たとえばみずほ銀行。
年に2.3度、割安水準になることが御座います。
ファンダメンタルズ分析を行って、どう考えても割安になることがあります。

それがバリュー株投資。
大型株に顕著ですね。

それが安いところを買う投資です。

グロース株は、そもそもPERやPBRで見たら間違いなく割高なのですから
安いところで買う。という定義がそもそもズレています。
だからグロース株は
PERは大きい方が割安。
小さい方が割高。

です。
教科書は嘘ついてるから気をつけましょう。



皆さんバリュー株投資とグロース株投資をそもそも間違えているので
時と場合と、戦略によって、安いところをかう、高いところを買う。を切り替えていきましょう。


バリュー株投資では放置されている銘柄が結構あります。
こんな企業に投資をしても時間と資金の無駄。と私は思います。

勿論考え方の違いもあるとおもいますが、動いている銘柄へ投資をしないと
いけない。という考え方も頭に入れて株式投資に取り組んでみましょう。



秘密記事銘柄としての特徴としては
直前3か月の四半期業績が重要です。

直近の売上高が前値同月比+10%
直近の経常利益が前年同月比+20%
売上高営業利益率が伸びているか


などを重視しています。


形状利益・利益率・売上高の三つのポイントが
どうして高成長を続けられているのか?
そして企業が発表する中期経営計画に乗るか乗らないか。
です。


つまり利益成長が著しく、市場のテーマであり、独自サービスを行っており
上方修正を繰り返すそんな企業の株式ですから

現在の株価が高い、安い、などは気にしてはいけないということ。













『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)