相場状況 

暁投資顧問の手法と情報、見解毎日無料で解説中!


株・先物・オプション・銘柄情報までブログでしか書けない情報を提供中

ブログでは書けない事をお伝えします!!
無料情報多数そろえております。

メールアドレス
(必須)
















プライバシーポリシーはこちらから。



メールのお問い合わせはクリック!メールフォームが開きます!

お電話でもOk!◆
メールでもOk!
LINEでもOk!
メルマガとLINEの登録も是非お願い致します。
メルマガはブログの上部からアドレス登録するだけでOk.。

LINEはLINEの下記のバナーをクリックで。
無料で投資情報などをお送りしております。

銘柄も、チャートも出しますよ~。
main03.png

投資について知りたいことはLINEの友達登録で、すぐにレスポンス致します。
メルマガはブログ一番上のフォームから登録して下さいな。

メルマガとLINE登録忘れずに(^▽^)/


前場引け。




現在はやっぱりレンジ。
レンジといっても、上方のレンジ1 19490-19240と
下方のレンジ2が存在する。 19240-19000

このレンジの1と2を回遊しつつあるのが日経225先物。

つまり、簡潔にいっても難しくいってもレンジ内取引であるということ。

そして、そのレンジ内取引に最も適したものが、ストキャスティクスというテクニカル。
0-100の間でテクニカルの値を出しますが、今、チャートに表示させてみると
この感じ。

そして、putオプション、CALLオプションの値動きなどをチェックしてみながら
それぞれのレンジブレイクリスクを計っています。


シュトキャス19


ストキャスティクスのパラメータは19に最適化。
レンジをブレイクしないならしないで、こういった使い方も出来ます。

是非30分足でレンジを引いてみて下さい。そしてストキャスティクスのパラメータを19へ設定してみて下さい。

この横這い相場が続くまでは、この取引でいけると思います。



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)