投資コラム 225先物とオプション 

暁投資顧問の手法と情報、見解毎日無料で解説中!


株・先物・オプション・銘柄情報までブログでしか書けない情報を提供中

ブログでは書けない事をお伝えします!!
無料情報多数そろえております。

メールアドレス
(必須)
















プライバシーポリシーはこちらから。



メールのお問い合わせはクリック!メールフォームが開きます!

お電話でもOk!◆
メールでもOk!
LINEでもOk!
メルマガとLINEの登録も是非お願い致します。
メルマガはブログの上部からアドレス登録するだけでOk.。

LINEはLINEの下記のバナーをクリックで。
無料で投資情報などをお送りしております。

銘柄も、チャートも出しますよ~。
main03.png

投資について知りたいことはLINEの友達登録で、すぐにレスポンス致します。
メルマガはブログ一番上のフォームから登録して下さいな。

メルマガとLINE登録忘れずに(^▽^)/



昨日から、無料で二日続けて、LINEで株式情報をお送りいたしました~。
全て、デイトレコース本田が選定した銘柄です。
Yahoo!投資の達人。

昨日の
第一弾は 3557 U&C ストップ高前まで 上昇!
今日の
第二弾は 2160 GNI 528円→616円という暴騰。+20%近く。

つまり、売買すれば無料で資産が増えたという事です。


暁投資顧問の公式LINEアカウントではこのように無料で投資の達人が選んだ
朝の爆騰銘柄、お送りしております。
ぜひ、ご登録を★


トランプ大統領の演説が今、まさに始まっていますが、昨日の動画セミナーで
大反響を頂きましたので、また、説明させて頂きたいと思います。

乱高下するので、あまりオプションも先物も予想は出来ず。
賭場には観客席が一番面白いです。
ぜひ皆様も他人事のように見ておきましょう。
(そういうスタンスでいて下さいという事です)


画像は225先物。
昨日のセミナーでテクニカルトレードにオプション売りを合成すればするほど
勝率は高くなる。とお話致しました。
単純に中級者が行っているテクニカル分析を中心とした先物の売買に
私のエッセンスを付け加えるだけ。
全てのポジションにオプション売りを混ぜるだけ。
kinouno.jpg


左から〇印をつけています。
30分足という長い時間軸で、効率よくトレンドと売買回数のバランスを掛けています。

まず、最初の〇は19290円売りだと思います。
1/24日です。
皆様もご自身で30分足を見て一目均衡表のデフォルト設定を行ってみて下さい。
ここで
新しく売り。
225先物は5枚位でいいかと思います。
PUTは何故この権利行使価格を選ぶのかは秘密ですが、18500円PUT。

19290円から、1日間をかけて、18890円を付けました。
その後225先物は横ばいになるのですが、チャート下部のMACDをご覧ください。
横這いになったタイミングでゴールデンクロスは行っています。
これも売買指針に役に立っています(今の処ワークしているという事です)

さて、18500円のPUT売りですが、30分足を見ましょう。

koko.jpg

18500円プットは50円という価格でした。

50円から90円に上昇していますが、実際のポジションはこんな感じです。


225先物mini 19290円売り
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これが、
225先物mini 18990円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚90円
となるので、

19290円売りはMINI5枚なので、19290-18990=300円*0.5=+15万円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚40円-90円=-5万円


一番の安値で、+10万円の評価損益になっています。
先物の方向性が当たってもputを売っていてもカバードプットの形式にしていても
ご覧の通り、損が膨らむこともなく、そして、利益が生まれます。
これが、先物とオプションの合成ポジションの凄い所。


あくまで、一番の安値なので、実際は、

「先物をどこで手じまえばいいのか?」

という問題が生じます。


一目均衡表だけを使いますと、
左から2番目の〇です。
もう一度この画像を出しますので、見て下さい。
十字足が二つ並んでいる処ですね。
一目均衡表の下抜けから上抜けになったタイミングが一目均衡表だけを使った
テクニカルトレードなので、そうなります。

※私のトレードでは複数のテクニカルを使います。

kinouno.jpg

左から二番目の日付は、安値18890円から騰がって、19200円の処。
1/28日の朝ですね。

そして、もう一度putオプションのチャートを出します。
1/28日の朝の時点での18500円プットオプションのチャートは

先ほど載せたプットオプションのチャートはここです。
〇ではなく、□で囲っている部分です。

koko2.jpg

これが、40円です。
つまり、売った価格よりも低い値段ですね。

225先物mini 19290円売り
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円

これがポジションなので。


一目均衡表だけを使うトレードだと以下のようなトレードになっています。

225先物mini5枚 19290円売り→19200円 +45000円
先物OP 3月限 P18500円売り 1枚50円 +10000円

合計で+55000円


ただ、先物だけをトレードするよりも負けにくいトレードになり
方向性が当たっても、外れても、損益に厚みが増します。

この厚みとは、評価損益でもあり、安心感でもあり、勝率でもあり、様々な要素が
パワーアップすると思って下さい。


次は負けたトレードをご紹介いたしましょう。

もう一度一目均衡表だけを使い、雲の下抜けを狙った売りを行ったシュミレーションです。


kinouno.jpg

また同じ画像です。

○印は、左から二番目。
2/28日。つまり昨日の21時に一目均衡表の雲下抜けが行われました。

前例に倣ってポジションを構築してみましょう。
このタイミングでの一目均衡表の雲下抜けは中級者も、これは売りだ。というサインです。
オプションはまたしても、P18500円売りを使います。
昨日の21時の時点での18500円putオプションは65円でした。

よって、

225先物mini5枚 19110円売り
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円

と構築出来ます。


しかし、翌朝、すぐに転機が訪れます。

kinouno.jpg

今日の寄り付き時点で、一目均衡表の雲上抜けが行われたからです。

これはつまり、ロスカットとなります。


画像でいうと、一番右の〇。

ポジションを振り返りましょう。


225先物mini5枚 19110円売り
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円

です。これをロスカットにしなければなりません。
ロスカットをしなければ、利益は生まれません。
ロスカットこそ、利益の源泉です。


今朝、9時のプットオプション18500のプレミアムは46円でした。

つまり、

225先物mini5枚 19110円売り→19220円 -50000円
先物OP 3月限 P18500円売り1枚65円→46円 +19000円

これが売買履歴となるでしょう。

損益は マイナスですが、-31000円となりました。


先物単体でトレードを行うよりも20%以上、損を「圧縮出来ています」


如何でしょうか?

これを大きな時間軸(日足)で、私のオリジナルテクニカル指標で、皆様に
御伝えし、今年負けがないのが、最近ずっと広告させて頂いている
カバードコール・カバードプットです。



そして、これを私は30分足で、かつ、コール及びプットで、やってみようと
思っております。

今週の土曜日の勉強会のテーマにもさせて頂きます。

無料配信を受けたい方は、是非ご連絡下さい。
(会員様のみ)


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)