FC2ブログ

相場状況 

無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!



まずは応援クリック!
すいません。一位奪還したいんです!クリック協力、是非御願い致します。
4位まで落ちました・・・。
↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


お疲れ様ですー。


日経の官製相場VSドル円200MA割れ。

これは為替も同時に仕掛けていた向きがありましたので、難なくドル円の勝利となりました。

こんな事があろうかと、プットは素早く利食いし、更にプットのバーティカルベアを仕掛けていた本コースは

悠悠自適!


こんな対したことない下落であたふたしている方は恐らくポジションのサイジングも間違っているのだとおもいます。
デリバディブはサイジング、非常に大事ですので、私が教えてあげます。是非会員になって下さい。


そして、日経チャートですね。見てみましょう。

0627NK.jpg

ちょうど、30円で反発。25日線でもありますし、ボリバン中心地ですね。

定説だとまたここから+1σを目指す値動きになるんですが、そう単純ではないですね。ドル円がこうなので。

でも、逆に考えてドル円がこの状態でこの値は素晴らしい強さとも言えますけども。


0627NK-2.jpg


こっちは別のテクニカルを使用した日経平均。
MACDは陰転してますし、明確な売りシグナル。

こう見るとどっちのチャート信じればいいの?!ってなりますよね。

だ、か、ら、テクニカルなんて人それぞれ。

ワークしているテクニカルを使ってください。


と私は常々このブログでも説いて来ました。どのテクニカルがワークしているかも会員様であれば随時教えますし、
それは秘密記事でも売買シグナルでも駆使していますからね。。

そう、売買シグナルといえば、ドンピシャ高値である430円で決済完了しましたね。

この決済シグナルを出してからは日経は-300円もの下落を見せました。


この売買シグナルが愛される理由、OP100コースが人気な理由分かっていただけましたでしょうか?


会員募集お待ちしております!

TOPIXの週足は久し振りの陰線です。

0627TOPIX.jpg

週足陰線のほうが上がりやすいです。というのも少し伝えておきました。


今日それよりもオプション活況でしたね!久し振りにどちらもガンガン売買が入っててIVがもりもりでした。


0627C.jpg

コールは15750がドカーン。落ち込んでいます。
もう15750SQはないのか?と質問きていますが、この時点では予想できませんねぇ。

プットは0627P.jpg


このとおり、大爆発。


といっても、引けにかけては沈静化してましたし、おもったよりも爆発が維持できなかったところを見ると
やっぱり一過性のものだったという事にもつながります。


だから今は二つ。

たったのこれだけで中長期のトレンドが変わることはないということ。

(だってトヨタ見れば分かるでしょう・・・?)

押すとしたらどこまでか?


この二つでしょう。


全て会員様にはお答えさせて頂きます~。

ま、ブログ見ていればそれだけでもいいですね。


この下落であたふたしている先物トレーダーよ!!!

是非OP100コースに入って、この下落を利食いしたスッキリした顔で眺めてみては如何ですか。

あ、その前にくりっく協力お願いしますー。
奪還したらまた週末に秘密記事無料公開したいので!





初心者の方は下記口座を開設か入れ替えたら専用スタッフが売買のサポートしてくれますよー。

☆OP100コースの方、先物・オプションをする方はここで口座開設したほうが絶対お徳です☆

理由は圧倒的なサポート力!!!!初心者に優しすぎます。
もともとSBI口座を持ってる方も口座を移し替える事ができますのでそのときはご連絡ください。

SBI_bunner.png

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。