FC2ブログ

225先物ブログ 今日の相場。 

WHOが新型肺炎で緊急事態を宣言したが、中国に配慮し人の移動や貿易を制限せず、CDCも米国内で差し迫った脅威はないとしたことで、ダウ平均は反発に転じた。これを受けて日経平均も反発のスタート。投資家心理を一旦改善させることになるが、週明けの中国市場再開リスクがあり、上値は重くなりそうだ。決算関連では市場コンセンサスに届かない任天堂が売り気配、決算好調の富士通、アンリツは買い気配のスタート。SCREEN HDは大幅続落となっている。新型肺炎対策銘柄は全面高が続いているが、週末要因で波乱も警戒される。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)